視聴コーナー
You Tube浜田真理子公式チャンネル
≫詳しくはこちら
コンサート情報
■浜田真理子 TOWN GIRL BLUE
2017/4/13(木)
Billboard Live TOKYO (東京都)
[出演]
浜田真理子/Mariko Hamada(Vocals,Piano)
服部正美/Hattori Masami(Drums,Percussions)
加瀬達/Toru Kase(Bass)
檜山学/Manabu Hiyama(Accordion)
[一般発売]
2017/2/21(火)10:00〜

■うたの女子会
浜田真理子〜畠山美由紀〜市川愛コンサート
2017/6/4(日)
高松オリーブホール (香川県)
[一般発売]
2017/3/1(水)10:00〜

≫チケットのお申込みはこちら

CD/DVDを買う

宍道湖の放射冷却で、朝もやに包まれた松江の朝でしたが、お昼にはそんな日特有のさわやかな秋晴れとなりました。久しぶりの仕事をしながら、こんな日にどこかへ散歩やサイクリングに行ったら気持ちがいいだろうなぁなんて思いました。さて、ライブへお越しいただいたみなさま(お越しになれなかったみなさまも)、たくさんのコメントどうもありがとうございます。励みになります。それにしても、ご無事でおうちに帰られてよかったです。わたくしも日常にかえってほっとしましたが、アルバム発売や、発売記念のライブの発表もありましたので、これからはそれに向かってゆるゆると気持ちを持っていくつもりです。

このごろは、出雲空港で、横浜のホテルで、東京のホテルで、羽田空港で、少しずつ読んだ『トリエステの坂道』(by須賀敦子)のおわりごろを読んでいます。読むだけでこころが美しくなるような文章です。

と、書いていたら、みねっちが帰ってきました。今日は学校で稲刈りだったそうで、日焼けしています。コンバインの運転がうまいと誉められたと喜んでいます。ちょっとおもしろそうなので、その話聞いてこよっと。じゃあね、今日のところはこのへんで。

2006-09-20 19:28 この記事だけ表示   |  コメント 5

さきほど松江に帰ってまいりました。横浜のライブにはたくさんおでかけありがとうございました。サイン会にも長時間並んでいただきありがとうございました。久しぶりのホールのコンサートで緊張しましたが、歌っていてとても気持ちよかった。これだからやめられません。初めてお会いする方あり、ずいぶん遠方からお越しの方あり、常連の方々のなつかしい顔ありで、少しずつですがお話もさせていただいて楽しかったです。どもどもありがとうございました。宮崎や福岡や鹿児島など、九州地方から来ておられた方々、台風を乗り越えて無事に帰られたでしょうか?昨年の冬の猛吹雪の日の松江ライブにお出でになった方に、「マリコさんのライブの日はいつも天変地異ですね」と言われて恐縮いたしました。わははは、すみません。正確に言うとライブの前後ですよ、天変地異は。しかし晴れ女は一体どこへ行っちゃったのでしょうね?このたびはお目にかかれなかったみなさま、またどこかの会場でお会いしましょうね。

さて、ライブの翌日には、ライターの佐々木敦さんとインタビュウのお仕事をしてきました。佐々木さんには何度もとりあげていただいていて、レビュウなども書いていただいたりしているのですが、お会いしたのはこのたびが初めてでした。たいへん優しい雰囲気の方で、ついついしゃべりたおしてしまいました。夕方には、大友良英さんを交えて、次のライブのことなどを打ち合わせつつ、居酒屋にて、食事会をいたしました。(大友さんは、「注文奉行」という名前をみんなから授かり、はりきって注文しておられました。)

今日は台風のため、飛行機が飛ばないのではないかと心配しましたが、午後からはなんとか飛んだので、おうちに帰ることができました。それにしても三連休の最終日ということもあって、羽田空港がこんでいたこと。スーツケースの中身を出してかたづけながら、いろいろ思い出しているところです。せっかく思い出にひたっているのに、これを書いている後ろでみねっちが、弾けるようになったギターのフレーズを、おかあさん聞いて聞いて、と弾いていて、なんだかうるさいのですが、彼女のしょうもなくて、かしましいおしゃべりを聞くと、あぁ家に帰ってきたなぁと感じる今日このごろ。

☆あ、そうそう、ライブのあった音楽堂の前の坂は紅葉坂というのですって。すてきな名前でなんだかうれしいです。

2006-09-18 20:04 この記事だけ表示   |  コメント 15

窓から見える港の景色が宝石箱のようです。パソコンのワイヤレスの接続のやり方がわからず、さっきまで、ホテルの客室係のお兄さんと、ああでもないこうでもないと苦労しましたが、やっとつながりました。わーい。今日は松江もヨコハマも、さわやかなお天気でしたね。明日も晴れるといいですね。久しぶりのホールのコンサートでなんだかどきがむねむねします。なかなか眠れないかもしれないなぁ。眠気がやってくるまで、窓際に座って、行き来する船をながめることにします。じゃあね、明日ね。おやすみなさーい。

2006-09-15 22:20 この記事だけ表示   |  コメント 4

毎日「この秋一番」の記録更新の涼しさですが、いかがお過ごしですか?アルバムのことや、11月、12月のライブの予定なども発表になり少しあわただしい気持ちです。年末に向かってのこの時期は、催し物がたくさんあるので、いろいろお忙しいでしょうけれども、もしもご都合がつけば、お出かけくださいね。

だんだんヨコハマライブが近づいてきましたので、スーツケースの中身を出したり入れたりしています。このたびは滞在日数は少ないので数えるほどしかない洋服をひろげてはたたみ、ひろげてはたたみ、しています。急に万年筆のインクカートリッジも取り替えてみたりしました。別に今日しなくてもいいのですが。いつもは簡単にすませられるのに、今日はどうしたことか、インクが手に飛び散ってしまいました。こころここに在らずかな?

さて、ヨコハマライブ。このごろ、「気」について考えています。客席からステージに向かってくるお客様の「気」を受け止めることについて。目には見えない「気」ですが、ステージに立つと感じるものなのですよ。100人のお客様なら100人分の、500人なら500人分、そして1000人ならば1000人分の。みなさまの期待や不安や緊張など(あるいは眠気とか。あはは。)いろんな想いがかたまりとなってステージに向かってくる感じ。わたくし、ソロコンサートでは、ステージの上でひとりでこれに向かいます。この大きなかたまりに負けないで、しっかり受け止めて、そうして欲を言えば、それを優しく包み込んでしまえるような、さらに大きな「気」をわたくしが出せるといいなぁなんて、そんなことをイメージして気持ちを高めつつ、また、スーツケースを開けては閉めています。なんつって。少しかっこつけてしまいましたが、秋のヨコハマにてみなさまにお会いできることをほんとうに楽しみにしています。

晴れた日は好きですが、お休みの日の朝、静かな雨音で目が覚めるというのはいいですね。このままずっと寝ていようかな、なんて。昨日の蒸し暑さとはうってかわって、今日は涼しい一日でした。ひと雨ごとに気温が下がっていく感じなので、夏物の洋服をしまおうかもう少し様子をみようかと思案中です。さて、今日はライブの練習をしたり、少しずつ荷造りをしたりする合間に、本を読んだり音楽を聴いたりして過ごしました。『ベロニカは死ぬことにした』(by パウロ・コエーリョ)を一気に読んで物思いにふけったり、『がばいばあちゃん』をのんびり読んで泣いたり笑ったり。

みねっちがやってきて、「ザユウのメイって何?」と聞くので、ええとええと人が生きる支えにするような言葉とかことわざみたいなの、と答えたら、彼女おおいにうなづいて「なるほどねぇ〜。例えば、『一石二鳥』とかでしょう?」と言うので笑ってしまいました。ことわざと聞いて、とっさにそれしか頭にうかばなかったらしいのですが、頼むから、そういうこと、面接とかでは言わないでね。(ちょっとおもしろいけど。あははははは。)わたくしの座右の銘はなにかしらん。ことわざでもなんでもないけれど『しょうがないねぇ』かな。これって座右の銘じゃなくて、単なる口癖かしら。あは。

ここのところの朝晩の涼しさで、寝るときには長袖のパジャマを着ていたのですが、昨夜の蒸し暑さといったらまた夏に戻ったかのようでした。寝苦しさに夜中に目を覚まして、一瞬熱があるのかと、ひたいに触ってみたりしたくらいなのです。今日は午前中に足ツボの先生がこられることになっていたので、部屋を手早くまあるく片付けて先生を待つ少しの間、ギターの兼定をみがきました。なんか武士みたい、と苦笑しました。いつか、この兼定を使ってレコーディングをしてみたいなぁなんて思いました。ギターは(も)下手ですけど気はこころで。

40歳になったら着物を着る人になりたいなぁなんて、思っていましたが、思いがつのるだけでなかなか実現できません。足ツボの先生も、着物にとても興味があるとかで、布を見てまわったりしているそうです。漫画家の近藤ようこさんが、いつも着物をさらりとすてきに着ておられるので、うらやましく思っているのですが、近藤さんが出された着物についてのマンガエッセイ『あしたも着物日和』を彼女に貸していたので、その話で盛り上がったりしました。実はいつか初着物を買いに行くときは、近藤さんに見立てていただくことをお願いしてあるのよ〜と、ちょっと自慢してしまいました。そうだ、着物を着て兼定を弾けばいいんだわとか、空想してにやにやしています。

さわやかな秋晴れの松江です。おはようございます(昼ですが)。今日は仕事がお休みの日なのですがいつもどおりに起きて、『純情きらり』を見て心を痛め、そうして化粧などしてから朝いちで、書店に出かけてめざしたのは文春文庫の棚。そうなんです、鬼平殿に会いたくて。茜さんのおそろしい予言は当たりそうです。しかしながら、たいへん残念なことに、欲しい巻がありませんでした。五巻以降が欲しかったのですが、ぽつねんと(三)があってあとは(十)(十一)(十二)のような巻ばかり。落胆です。ああ。まぁ、しょうがないですね、こういうときは、何か別のものをと、宮部みゆきさんの新刊本やら、足つぼの先生がおもしろいよと言っていた『ベロニカは死ぬことにした』やら、おばあちゃんが読みたがっていた『がばいばあちゃん』やらを選びました。それとともに須賀敦子さんのエッセイも2冊ばかり。秋になったなぁと思うと急に須賀敦子さんの文章が読みたくなったのです。イタリアのことはよくわかりませんが文体がとても好きなので。そうやって店内をぶらぶらして(2時間も!)、旅行の雑誌を見ていたらどこかへ行きたくなりました。今年の秋はどこか紅葉の美しいところへ行ってみたい。